7日間の京都旅行でマッサージに救われた!

マッサージに行ったのは、京都で7日間の旅行をした時です。
京都旅行というとお寺や神社、自然に満ちた場所を散策することが多くなります。
それが魅力とはいえ、坂道や足場の悪い所を朝から晩まで歩き続けていたせいで、4日目にはすっかり足が棒になってしまいました。
これでは旅の後半が楽しめない!と思い、宿の近くにあるマッサージに行くことにしました。

30分間、下半身を重点的に願いすることに。
まずはTシャツとゆったりしたズボンに着替えました。
次に足湯で血行を良くしつつ、足を清潔にしてもらいました。
夏場だったので、暑くて辛いかな?と思ったのですが、程よい温度に調整してあったおかげですっかりリラックス。
この時点で足が少し楽になっていました。
そしてうつぶせになり本格的にマッサージが始まったのですが、足裏をもまれた時点でなかなかの痛みが…。
少しくらい痛いほうが効くのかな?という気持ちがあったので、やや悶えながらも足先から腰までのマッサージを受けました。
30分後、お疲れさまでしたの声で起き上がり、体を動かしたところ下半身全体がとっても軽い!
おかげでその後も元気に旅行を楽しめました。
正直痛みに耐えるのは苦しかったですが、これだけの効果があるなら次の旅行でもマッサージを受けたいと思いました。

私は少し痛いのを我慢してしまったのですが、その分疲れがスッキリしました。
マッサージなのでその人に合った力加減があると思います。
どうしても辛い時や、力が弱すぎる時はは遠慮せず言った方がいいと思います。
そして、私はインターネットの口コミが比較的多めに書いてあるお店から選びました。
いくら評価が良くても、口コミ件数が少ないと、たまたまその担当者が上手だったということもあると思ったからです。

ホームに戻る